本社の副本部長の嫌がらせに悩んでいました

人間関係が原因で辞めたいとき

本社の副本部長の嫌がらせに悩んでいました

 

私は本社の営業副本部長の私に対する嫌がらせに悩んでいました。

 

嫌がらせといってもあからさまに皆に分かるようなものではなく、提出した書類へケチを付けてきたり、出張伺いを何らかの理由を付けて却下したりと、私にしか分からないような巧妙な嫌がらせでした。

 

私は副本部長よりははるかに年上だったのですが、平社員の身分で定年退職まで後数年しかない人間なので、何も私に嫌がらせをしなくてもと思ったのですが、私にはその理由に心当たりがありました。

 

それは副本部長が入社数年の新人時代に遡ります。彼はその当時は結構やんちゃな人間で、会社の業務や私的な事でいろいろな失敗をし、私を初めかなりの社員に迷惑をかけていた社員でした。

 

それでも仕事はよく出来ていたので退職にはならずにその後営業副本部長まで登りつめたのですが、当時のその事を知る社員はほとんど退職してしまい、私他本社幹部の数人ぐらいしかいないので、多分当時の自分を知っている私が目の上のたんこぶだったのでしょう。

 

そんな事誰にも言いませんよ、言ったところであなたは副本部長なんですからと思い、副本部長の嫌がらせが止むのを黙って耐えていました。

 

ところが私が定年退職を迎えてその嫌がらせがピークに達しました。副社長のはからいで私は定年後契約社員として残れる筈で、その為に支店長が本社に提出した稟議書を副本部長が副社長に回さないで却下してしまった事が分かったのです。

 

そこまでするかと思った私は、副社長にはその事は一切言わず、私へのはからいにお礼を言って契約社員をお断りし退職しました。

 

随分古い人間と思うかも知れませんが、副本部長もやんちゃだったとは言え、仕事ぶりが本社の幹部に認められそこまで登りつめた方です。それなりの知識、見識を持つに至っているはずです。

 

もしかすると私が嫌がらせと感じた事は、副本部長にしてみれば自分のポリシーとしての指摘だったのかも知れない、それだったら副本部長としては私がこの会社に不要な人間と判断したから却下したのだと思うようにし、契約社員として残る事を止めたのです。

 

これからは労働環境の変化により、定年退職どころか早期退職といった人々がたくさん出て来るでしょう。私は幸い定年まで勤務したので潔く止めましたが、決して短慮に走らず、良く思慮して自分の進路を決めて下さい。