職場の後輩との接し方に悩んでいました

人間関係が原因で辞めたいとき

職場の後輩との接し方に悩んでいました

 

就職して10年目を迎えるまで、私は同じ係(職場)に自分よりも年下がいたことがありませんでした。

 

いわゆる「末席」と呼ばれる立場で、与えられた仕事をこなしていけばいいだけでした。それが10年目を迎えた時に、年下のしかも女性の係員ができました。

 

彼女は仕事もできる方でそれ自体は問題なかったのですが、いきなり仕事を与えたりまたそれを管理・指導していくという立場にたち、彼女に対して仕事をしてもらうときは、どんな風に言えばいいのか、仕事に対してどういう風に評価してどういう言葉でしていけばいいのかということに悩んでいました。

 

とにかくいろんなことを話てコミュニケーションを図りながら明るい雰囲気を出すようにしました。仕事のこと以外でも自分のことをある意味されけ出して、彼女との距離を縮めるようにしました。

 

仕事についても、彼女の仕事はもちろん自分の仕事についても彼女に情報を与え、彼女の意見も効いたりしてそれでコミュニケーションを図るようにしました。

 

そして仕事についての指示をだすときも、はっきり決まっていなくても、いろんなことがわかった時点で情報を流して用意しておいてもらうようにしました。

 

彼女の仕事内容についての指摘や指導はについても、よほどはっきりとした間違いとかではないかぎり、意見を交わすなかで二人で仕上げていくような進め方をしていきました。

 

自分で仕事をこなしていく以上に、他人に仕事をしてもらうのは気をつかうものだと思います。

 

「こんなことを言ったらきつく思われるのではないか。」とか「上司らしく振舞わなければ。」とか色々かんがえてしまうこともあると思います。職場の上下関係といっても人間関係のひとつです。

 

100の出会いがあれば100の人間関係があり、それはみんな違うと思います。

 

ひとつのパターンにあてはまることなくケースバイケースでいいと思うのですが、やはり基本になるのは相手も心をもった人間であるということ。

 

そして、こちらが完璧を目指そうとすれば距離は広がるばかりです、時にはスキを見せるぐらいでいいと思います。そして、一緒に何かを作り出すという姿勢を持ちましょう。