自分から誠意をもって行動することで人間関係の悩みは改善できるはずです

人間関係が原因で辞めたいとき

自分から誠意をもって行動することで人間関係の悩みは改善できるはずです

企業受付のリーダーをしていて、派遣社員の受付の女性5名をまとめていたリーダーでした。私は、契約社員です。

 

総務部の契約社員と、派遣からきてくれている5名スタッフの間に、大きな溝ができてしまっておりました。

 

仕事中に、ミスを指摘し注意をしてもしらんぷりされたり、反抗的な態度にでられてしまったり、時には派遣の営業担当者から、注意の仕方を気を付けてもらいたい、などとこちらが逆に指摘されてしまうことも多々ありました。

 

とにかく、人間関係にあきらかに溝ができてしまっていて、私はその溝を埋めることに毎日ただひたすら職場改善をしていこうと必死になっていました。

 

もはや、仕事の業務内容での悩みより、人間関係での悩みのほうがメインになってきていて、何をしに毎日出社しているのかもわからなくなっていました。

 

人間関係のもつれで、現場での業務がおろそかにならないように、月に1回、総務部と派遣担当者と、受付スタッフの全員でミーティングを行うようにしてもらいました。

 

それまで、きちんとしたミーティングがなく仕事をしてきたため、このミーティングで小さい組織を立て直していこうと思いました。

 

ここで、言いたいことがある人は意見をみんなの前で発表する、その意見に対してどう改善していけばよいのかを、みんなで考える場としました。

 

そうすることで、徐々に職場の人間関係も明るくなってきました。

 

どうすることもできない職場環境は多くあると思います。しかし、1人でも、勇気と強い意志をもって職場改善していこうと動き出す行為が大切だと思っています。

 

誰かが動かないと、何も変わりません。変える事には時間がかかるかもしれませんが、根気が必要です。そして、自分はこうしていきたい、変えていきたい、という意見を誠意をもって伝えることです。

 

誠意をもって相手に伝えることは、とても大切なことです。そうすれば、きっとどこかで分かってくれると思います。まずは、1歩踏み出すことです。